着物の持ち込み買取のメリットとデメリットを考えてみた

 

着物を売りたいとき、買取ってもらう方法としては持ち込みでの買取、出張買取や宅配買取があります。

 

その中でも持ち込みで着物のリサイクルショップなどのお店に買取ってもらう方もまだ多くいるのではないでしょうか。今回は着物を持ち込みで買い取ってもらう場合のメリットとデメリットを考えてみたいと思います。

着物の持ち込み買取のメリットは?

着物の持ち込み買取のメリットは?
持ち込み買取のメリットとしてまず考えられるのは、その場ですぐ査定して買取ってもらえるということです。

 

売りたいと思った時、お店に持っていけばその場で買い取ってもらうことができるので、気が変わってしまったり、売れるまで家に置いておかなければならなかったりすることがありません。

 

ネットで宅配を利用して買取ってもらうときのように、郵送したり査定後のやりとりをしたりなど結局売るまでに何かと時間がかかってしまうということもありません。また、売りたいと思っている着物のシミや傷などの査定の際の不安材料を直接伝えることもできますし、お店側の査定額に納得がいかなければ交渉することもその場で断ることもできます。

 

納得して早く買取ってもらうのは、やはり持ち込みがおすすめです。

デメリットは手間がかかること

デメリットは手間がかかること
デメリットとしては、着物は重たくかさばることが一番だと思います。

 

着物一枚だけでもけっこうな重さがありますし、売りたい着物が何枚もあったり帯なども一緒にとなると遠くのお店に買取ってもらうために持ち込むのは大変です。もし、査定に納得できなければ持っていった重たい着物を持ち帰らなければならない可能性もあります。

 

何枚も着物を売りたいと考えている方や、お店に重い着物の持ち込みをするのが大変な方は持ち込みの買取だけではなく宅配買取や出張買取など別の方法を考えてみてもいいでしょう。

関連ページ

着物の出張買取のメリットとデメリットを徹底解説!利用するべき?
使わなくなった着物の処分を考えた時、便利なのが着物の出張買取です。最近では出張買取を利用する人が多くなってきていますが、その理由やメリットデメリットについて見ていきましょう。
古い着物の買取相場は?どんな着物は高く売れる?徹底的に調べてみた
古い着物は新しい着物と比較すると、おおむね安く買いたたかれるのではないかと考える人も多いです。今回は古い着物の買取相場や人気の買取先についてもご紹介していきます。
着物の買取価格を高くする2つのポイント|保管方法や事前の確認事項
着物を出来るだけ高く売るときに気をつけておきたい2つのことがあります。それは「着物の保管状態」と「証紙」です。詳しく解説していきますので、着物の買取価格をあげる為に事前に確認しておきましょう。